商品やサービスをより多くの人に伝える為に、企業は様々な広告を出しています。
インターネットが普及されるまでは、新聞や雑誌、看板などで広告を出していましたが、現在ではインターネットでの広告が主流になっています。
しかし、インターネットだと興味があるユーザーにしか広告が打てず、細かい内容までは紹介しきれない部分があります。
テレビCMを利用した広告であれば、興味がない方でも商品やサービスを紹介することができ、限られた時間で細かい商品のPRが出来ます。
また、老若男女問わずテレビを見てくれているので、より多くの人に情報を伝える事が出来ます。

■2つのタイプ
広告には「マス媒体」、「SP媒体」と大きく2つのタイプに分かれており、情報の伝え方もそれぞれ異なります。
マス媒体に含まれるのは、新聞や雑誌、ラジオ、テレビ等であり、SP媒体に含まれている広告が、チラシ、イベント、POP、キャンペーン、交通広告等です。
電車やバス、タクシーなどでよく目にする広告が、SP媒体となります。
交通広告の場合、訴求エリアが限定されるので、地域に特化した情報を効率よく人に伝える事ができます。地域ブランディングの高い広告です。
チラシに関しては新聞と一緒の広告の仕方ですが、中身を詳しく見ずに捨てられてしまうケースが多いです。そのため、チラシのグラフィックデザイン性が重視されます。

■マス媒体の効果
テレビやラジオ、雑誌といったマス媒体での広告は、SP媒体よりも広告効果が大きいです。
マス媒体は現在、日本の総広告費の過半数を占めており、とても強い影響力を持っています。より多くの方に情報を伝えたいのであれば、マス媒体を利用したほうが良いです。
テレビに関しては、日本人の9割が視聴しているので、不特定多数の方に情報を見てもらえます。
新聞の影響力もかなり強いです。新聞もテレビと同じく日本人の9割の自宅に届けられ、定期購読なので確実に目を通してもらえます。
また、新聞は文字だけではなく写真やグラフィックなども利用できるので、デザイン次第で購買の件数が増えていきます。

オススメリンク

注意点

テレビCMは、他の広告とは違い、幅広い年代の視聴者に情報を届ける事ができます。強い影響力を持っており、直接的な […]Read more

放送されるまで

テレビを使ってより多くの視聴者に広告を打つには、まずテレビCM制作会社にお問い合わせをします。CMが放送される […]Read more

ターゲット

テレビで広告を打つ場合、まずはターゲットを絞り込む事から始めていきます。ターゲットを事前に絞り込んでおかないと […]Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
BACK TO TOP